フリーランスの仕事の取り方

フリーランスとなると通常の会社のように大規模な発注を受けるということが難しくなります。そのためフ

リーランスは自分にできる量の仕事を探して引き受ける必要があるのですが、この仕事の取り方には大きく分けて三種類あります。

まずひとつ目が相手から発注をしてもらうことです。
これは例えばかつて会社勤めをしていた時の得意先といった相手から自分を指名してもらい、仕事の内容を打ち合わせて納品するといった形になります。

ただ現実的なことを考えるとこうした形で仕事を受注できるフリーランスとなるとかなりの熟練者か、
入念な下準備をしてきた人程度となるでしょう。

最近ではクラウドソーシングなどの形でインターネットを使った発注がありますのでかなり敷居は下がりましたが、
それでも競争相手が多い分スムーズに仕事を得るにはそれなりの技術が必要になります。続く二つ目がコンペに応募することです。

これは特にデザイナーのようなクリエイティブな仕事ほど多く見られる仕事の取り方で、
クライアントが求める条件に合致したものを応募して採用された場合には本格的な仕事に取り組むなどの形になります。

この場合は相手からの発注が無くとも能動的に仕事を取りにいけますが、
これも競争が激しい上に採用されなかった場合にはかけた時間がすべて無意味になるという強烈な短所ももっていることに注意が必要です。

そして最後の三つ目が自分から売り込むことです。
これは営業活動と言い換えることもでき、例えば自分が活動している業界に新しく参入した企業などにメッセージを送って、何かあれば声をかけて欲しいと言って回るのです。

利益にはなかなかつながらないものの得意先を開拓出来れば今後の安定した収益が見込めるため、
投資としての側面が強いのがこの方法の特徴です。

フリーランスは自分から動かなくては生きていけませんから、ケースバイケースで仕事を取りに行くようにしましょう。

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL