フリーランスの勤務時間は自分で決められる

会社員として働く場合は、勤務時間は原則として会社が指定された時間となります。

もちろん、企業によってはフレックスタイム制を採用しているところもあるので、
その場合ある程度は自分で勤務時間を決められるかもしれません。

ただ、それでも完全に自由で決められるわけではないので、やはりそれなりの制約はあるわけです。
一方でフリーランス場合には、勤務時間は自分で自由に決めることができるのです。

つまり、例えばお昼から勤務を開始してもいいですし、夜から働き始めてもいいわけです。
また、朝から4時間、夕方から4時間といった形で、変則的な形で勤務時間を決めることもできるのです。

さらには、今日は多めに10時間ほど働いて、翌日は4時間程度に抑えるということも可能なのです。
こういった働き方ができるのも、フリーランスの大きな魅力だと言えるでしょう。
もちろん、働く条件によっては、完全に自由というわけにはいかないかもしれませんが、それでも会社員よりは遥かに融通は利くわけです。

勤務時間を自由に決めることができれば、例えば趣味の時間をたっぷりと設けることもできますし、長期休暇を取得することも容易なのです。

最初の方でしっかりと仕事をこなすことで、後になって余裕の方が出てきますから、後半に休みを多く取ることができるわけです。フリーランスというのは、勤務時間だけでなく働くスタイルや休日なども、決して誰かにとらわれることはないので、それが非常に魅力的なのです。

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL