フリーランスの良いところと悪いところ

フリーランスの良いところというのは、自由が大きいという点にあります。

誰から何かを指図されるということもなければ、いつ働いていつ休むのも自由ですから決められたとおり働かなくて済むという物があります。

一方で自由が少ないというのが悪いところであり、働かなければ収入がない働き方ですから本人の望む望まないにかかわらず現実的にはどのような仕事でも受けなければなりませんし、休んでいる暇もありません。

サラリーマンの場合には、必ず定時がありますし週に一度以上の休みをもらうことができますから、それ以上働きたいと思っても働くことはできません。

しかし、フリーランスの場合にはそのような決まりはありませんから一日24時間働くことにもなれば、年中無休で働き通しになってしまうということもあり、実は自由な時間を取ることができないという欠点があります。

頑張った分だけの見返りがあるというのは、フリーランスの大きな魅力であり売上が二倍三倍になれば、収入もそれに比例をして二倍三倍となっていきます。

サラリーマンであれば歩合制でもなければ、売上を二倍にしようが三倍にしようが極端な話十倍、百倍にしても給料が倍々に増えていくということはありません。

それを考えると、頑張った分だけ収入が増えるのはフリーランスの大きな魅力ですが欠点としては、何もしなければ全くの無収入になってしまうということで成果をあげられなくても給料が保障されるサラリーマンと違って明日の生活にも困ってしまう可能性があるという点です。

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL