フリーランスがやる気を維持する工夫とは

会社員とは異なり、フリーランスは管理されることが無いものです。その自由度の高さと引き換えに、自己管理を求められることになります。

どのようなスタンスで仕事に臨むかによって、その品質は大きくことなることになります。

けれども多くのフリーランスが経験するのは、どうにもやる気がでなくなることです。
その原因として規則正しい生活が送れないこともあるようです。
体内時計が狂うことが原因とされますが、モチベーションとは異なりやる気を奮い起こすことは案外と難しいものです。

まずは意識的に朝型の生活を送るようにする必要があります。
そしてとにかく歩く時間を作ることが大事です。通勤という行為が無くなることから、とかくフリーランスは歩かなくなります。

けれども人間は、歩くことによって様々な発想が生まれることになります。
ふくらはぎから血液が循環することにより、頭の血行も良くなることも理由のひとつです。

とにかく歩いて、脳に新鮮な血液を送ることを意識することが大事です。
また、仕事に関する情報を得る他の目的で本や雑誌を読むことも大切です。

フリーランスはアウトプットに重点が置かれがちになり、インプットの時間が減ってきます。

やがて頭が枯渇状態となり疲れを感じるようになります。

これが何故かやる気を無くしてしまう一因とも考えられます。常に新しい刺激を受けるような習慣を身につけるように工夫することが大事です。
インプットとアウトプットのバランスを常に意識することです。

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL